不動産取得税の軽減措置 ☆1★

土地や家屋などの不動産を有償であるか無償であるかによらず贈与や交換により取得した場合や新築したり増築、改築して取得した場合には個人であるか法人であるかを問わずに不動産取得税というものが課税されることになっています。しかし相続の場合には非課税となっており、定められた金額未満の場合には免税されることもあります。不動産取得税は市町村役場にある固定資産課税台帳に記載されている固定資産評価額に一定の税率をかけて算出されるようになっており、購入価格や建設価格により出されるものではありません。ただし平成27年3月31日までは宅地などの評価額は固定資産評価額の2分の1を基準とすることとなっています。税率は取得日により変化し平成20年4月1日から平成27年3月31日までに取得した分は土地が3%、住宅用の家屋が3%、非住宅用の家屋が4%となっています。固定新s名評価額に一定の税率をかけて計算されることになりますが、ある一定の軽減措置を受けることができるようになっています。

FF14 RMT ギル購入

人材コンサルティング

服の収納の方法

埼玉 アンテナ工事

サーフィン初心者